プレミオ アリオン

【プレミオ・アリオン】大衆車も海外に行けば高級車

プレミオ・アリオンはトヨタの大型大衆セダンモデルとして販売されているもので、アリオンはカリーナの後継モデルとしての流れを持ち、プレミオはコロナの後継モデルとしての流れを持つ車種です。

現在ではすべてが共通化されており、アリオンはトヨタ店、プレミオはトヨペット店で販売されるという販売チャネル違いの兄弟車となっています。

この車は日本でもカローラを乗り続けてきた高齢ドライバーなどの好まれている車で、「大きなカローラ」とか「リッチマンカローラ」などといわれる車です。

この車は実は日本国内専用モデルで、トヨタとしては正式に海外へは輸出していません。

しかし、どういうわけかアジアやロシア、オーストラリアなどで大人気となっており、中古車など下手な高級モデル顔負けの金額で取引がされています。

トヨタが正式に輸出していないのにどうして海外で売買されているのかというと、並行輸出と中古車輸出が行われているからです。

海外ではデザインとか性能といったものではなく、とにかく長く乗ることができる車、壊れない車、壊れても簡単に修理ができる車が好まれます。

これには金銭的事情が多く含まれているわけですが、そういった面からすれば耐久性が高いということが言われている日本車、それもネームバリューの高いトヨタの車であれば問題はないだろうということで、トヨタの車の中から、使い勝手のいいアリオン、プレミオあたりが注目され、そういった傾向ができたことによって、並行輸入車でも中古車でも喜んで買うのです。

 

サイトマップ