ハリアー

【ハリアー】輸出仕様はないけど海外で人気殺到

トヨタのハリアーは当初は大型クロスオーバーSUVとして作られていたモデルでしたが現在は2リッタークラスの中型クロスオーバーSUVとして作られるようになりました。

こうなった理由は実は海外モデルとの整合性によるものです。

過去を見てみるとハリアーは国内ではハリアー、海外ではトヨタ・レクサス店からのモデルとしてRXシリーズとして販売されていました。

しかし、トヨタがレクサス店を日本国内でも展開するようになり、日本には一時期ハリアーとRXシリーズが併売されていたのです。

販売台数を伸ばしたいトヨタとしてはこれを良しとせずに、できればハリアーはハリアーとして、RXシリーズはRXシリーズとして分けて売りたかったわけです。

そこでトヨタが取った対策は、今までのように販売チャネル違いの兄弟車としてではなく、ハリアーは小型化して国内向けとして、RXシリーズは現状維持で海外向け、あるいはレクサス店向けの車として作り、はっきりと差別化を図ったのです。

ただ、トヨタがここでまたやってしまいました、せっかくハリアーとRXの差別化を図ったのに、欲を出してNXシリーズという現行ハリアーの兄弟モデルを性懲りもなく、レクサス店から発売してしまったのです。

これが現在のハリアーの生い立ちです。ですので、初代モデルから現行モデルに至るまでハリアーの輸出仕様というものは存在しません。

ですので、基本的に海外でハリアーを見かけることはないでしょうもしあったとしたら並行輸入や中古車として輸入されたものだけです。

仮にRXシリーズを輸出仕様とするのであれば、それは過去の話で、現在はNXシリーズが輸出仕様車ということになります。

しかし実際には海外でとても人気がある車種で、多くの国内向けハリアーが輸出されています。現行ハリアーの異常なリセールバリューの高さは海外輸出が支えているのです。

 

サイトマップ