カローラフィールダー

【カローラフィールダー】海外ではガソリンエンジンモデルが人気

カローラのステーションワゴンモデルのカローラフィールダー、テレビCMに出演している男性アイドルの度重なるスピード違反が一時期騒がれていたことで有名なモデルですが、このモデルも日本のみならず、北米、ヨーロッパなどの海外でも販売されています。

カローラフィールダーといえば、日本では現在のところ誰もがハイブリッドモデルを支持することでしょう。

価格もほどほど(大衆車としてはかなり高いが・・・)燃費はすこぶる良いということで確かに大衆車としては大きなメリットがあります。

しかし、海外ではハイブリッドモデルよりガソリンエンジンモデルの方が人気となっています。

北米エリアではハイブリッドモデルの低燃費性能に魅力を感じる方が多いせいか、ガソリンエンジンモデルメインの中でそこそこハイブリッドモデルも売れています。

ヨーロッパ市場ではほとんどの方がガソリンエンジンモデルか、初代モデルであればディーゼルエンジンモデルを買うことが多くなっています。

これはヨーロッパでハイブリッドモデルの低燃費性能にあまり魅力を感じない、ハイブリッドモデルであれば税金の安いディーゼルエンジンモデルの方が金銭的なメリットがあると考える方が多いからです。

高級モデルではここ最近ハイブリッド化が盛んにおこなわれていますが、消耗品としての車である大衆車のカローラシリーズでは、燃料代だけでなく、それ以外のところも含めた経済性を考えて車を買う方が多いことが挙げられると思います。

これは中古車としても同様で、日本国内でもハイブリッドモデルの中古は信頼性の面であまり好まれませんが、海外ではより一層好まれる傾向はなく、高い金額で取引されているのはすべてガソリンエンジンモデルとなっています。

 

サイトマップ