トヨタ車だけがなぜ世界で人気なのか

トヨタ車が世界で人気の理由

トヨタの車の高い人気傾向は何も国内ばかりではありません。海外でも北米エリアを中心に人気となっています。

トヨタが北米エリアで人気が高い理由は、国内向けのモデルを作って販売するのと理由は全く同じ、トヨタの車であること、ユーザーの意見にあわせた車作りをしていることです。

トヨタの車であるというものは、厳密にいえばトヨタでなくてもよく、日本車であればいいというものです。

例えば、北米エリアにおいては、自国の国産車がたくさん売られているものの、昔ほどではありませんがとにかくよく壊れる。

アメリカ人は日本人のように新型が出たからといって買い替えを行うのではなく、1台の車をそれこそ壊れるまで乗り続けますので、すぐに壊れてしまう国産車より、故障しにくく長く乗り続けることができる日本車の方がいいわけです。

その中でもネームバリューが高いトヨタが目に付くようになるわけで、トヨタの車を買う方が多くなっているのです。

それからユーザーの意見にあわせた車作りをしているという点ですが、これも国内でも用いられている販売戦略です。

要するに、ある一定量の強い意見が世間で騒がれていたり、流行が変化したりするとそれをうまく察知して、次のマイナーチェンジなどでその部分を改良するといったパターンで販売します。

これは、買う側にとってみれば一見良い傾向であるように思えますが、ただ、これが余りのも極端におこなうことが多く、どう見てもそのエンジンパワーを支えられるシャシーではないだろうという車にハイパワーエンジンの方が要望があるからといって、完全にシャシーが負けるハイパワーエンジンをのせたり、単なる大衆車だったのに、世の中にクロスオーバーSUVが流行っていることが分かったとたん、ロードクリアランスを高くし、外装パーツでそれらしく見せただけで、クロスオーバーSUVの必須項目となる「ある程度の悪路走破性」を持たさないまま、そのモデルをクロスオーバーSUVとして販売するといったことを行うのです。

トヨタの車には過去のそれをいろいろやりすぎて、その車がどんな車なのか、何のためにある車なのかといったものを見失ってしまったというモデルがありました。

さすがに輸出仕様車においてそこまでひどい状態のものは今のところありませんが、それに近いものがあります。

まあ、こういった車であったとしても、「トヨタの車」という大きなメリットがあるため、そこそこ売れたりします。

トヨタが海外で輸出する車種

トヨタの輸出仕様車には2つのパターンがあります。1つは国内向けと全く同じものを現地で販売するというもの、もう一つは現地でしか販売していないもの。

どの自動車メーカーでもこういったパターンで販売をしていることが多いのですが、トヨタの輸出車は二つ目の現地でしか販売していないものがかなり多いのが特徴です。

これはトヨタの販売戦略の一つである、要望に合わせた車しか売らない、要するに売れる車しか売らないという考え方が強く出ているもので、それが一番強い傾向となって表れているのが北米仕様です。

4ランナー、タコマ、タンドラという車名を聞いたことありますか?たぶんほとんどの方がどこかの輸入車ではないかと思うでしょう。

しかし、これらのモデルはすべてトヨタ製、トヨタが北米向けに輸出している、あるいは現地生産して事務的な面で輸出仕様車となっているものです。

これらのモデルの特徴となっているのが、日本ではからっきし人気のないピックアップトラックやどういう車か理解されていないSUVばかりであるということです。

日本では道路事情がよく、舗装路だけを走ることだけ考えた車だけを作っていればいいのですが、アメリカではそうはいきません。

広い国土であり、町から少し離れただけでも砂漠地帯や山岳地帯、草原地帯があるような土地では舗装路だけを走れる車ではいけないのです。

それからアメリカ人というのは、合理的主義で例えば、この車は荷物用、この車は人をのせるための車といった形で無駄な車を用意するのではなく、それを一つにしてしまえば便利だろうといった考えがあり、それによって日本的な車のありかたはあまり好まれないのです。

こういったことがアメリカであるのであれば、本国日本での販売を切り捨てて、北米エリアだけで売れる車を作って売ればいいではないかということで、トヨタでは北米モデルとしてSUVやピックアップトラックにかなり力を入れて販売しています。

海外で人気がある車種は買取価格が高い

海外で人気が高いトヨタの代表車種はランドクルーザーシリーズとハイエース(バン・ワゴン)です。何年乗っても何十万キロ走っても価値が落ちにくい車種として有名です。私はハイエース 査定のサイトを参考に輸出業者で相場より高く買取してもらえました。

 

サイトマップ